腕時計のベルトの種類について知る

腕時計は仕事場でもプライベートでも身に着けているもの。高価なものは一生ものとして大事に使っている人も多いのではないでしょうか。しかし、脱着のため酷使するベルト部分は意外と劣化したり壊れやすいものです。しっかりとメンテナンスするか、見た目が悪くなった場合には交換も視野に入れましょう。交換する場合はしっかりと種類を見極めてぴったりものを見つけましょう。まったく同じものが見つからなくても、幅、サイズさえ合っていれば、違った雰囲気のものを着けてもイメージが変わって楽しめます。色はもちろん、素材を変えても全く違った印象になりますので、その時の気分に合わせて取りかえて見てもいいかもしれません。ぜひ、店頭で服を選ぶようにベルトのアレンジを楽しんでみましょう。

色と素材で変わる雰囲気を楽しもう

時計のベルトで大きく変わるのがメタル製か革製か、ということではないでしょうか。プラスチック製もあるにはありますが、遊びやスポーツでカジュアルに使う場合は構いませんが、オフィスやリッチな場所では少々場違いなイメージです。メタルと革で大きく違うのは重さです。革製の方が圧倒的に軽いので、パソコン業務などでは長時間の作業では疲れを軽減できます。ただし、革製は劣化が早いのが難点です。水や汗に濡れることで嫌な臭いがしたリ、シミや色むらになることも。革製では交換の目安が1年ほどになりますが、色を変えてみたり、柄などを変えて楽しめると考えれば新しいものを手に入れたようでお得感があります。女性の場合は特に、黒、白、赤やピンクなどカラフルな色が揃うので、ぜひ試してみましょう。

使いやすさも追求するならバックルに注目

腕時計のベルトを留める部分をバックルと言いますが、その種類にはいくつかあり、現在主流になっているのがプッシュ式です。その前まではスライド式と言って、サイズを留め金部分でスライドさせて調整するものが定番でした。プッシュ式はワンタッチではめられるので楽ですが微調整が利かないのでサイズを合わせてもらう必要があります。バックルにはほかにも3つ折れ、2つ折れ、ダブルロックなどがあり、留め具部分のタイプで呼び名が変わってきます。レディースでよくみられるのが2つ折れ。一方の端をもう片方の金具にくぐらせてから折りはめますが、女性らしいブレスレットタイプの時計に多く使われています。バックルにはほかにも3つ折れ、2つ折れ、ダブルロックなどがあり、留め具部分のタイプで呼び名が変わってきます。レディースでよくみられるのが2つ折れ。一方の端をもう片方の金具にくぐらせてから折りはめます。